スヴェンソンの増毛をわかりやすくご紹介します。

スヴェンソン増毛

スヴェンソンの増毛

増毛メーカーとして有名なスヴェンソンは、「ヘアウィービングシステム」というドイツ生まれの独自の特許技術による増毛法が特徴です。
このスヴェンソン式増毛は「編み込み式増毛」とも呼ばれていて、最近ではほかのメーカーでも似たような増毛法が増えてきています。
アデランスやアートネイチャーでも、人工毛を結びつける増毛方法を取っていますが、スヴェンソンには特許技術や安心の定額制など選ばれる理由があります。

日本国内の主な増毛メーカーはこのスヴェンソンと、かつらメーカー大手のアデランス、アートネイチャーです。増毛で薄毛対策をしたい方のほとんどが、この3つのメーカーのどれかを利用することになると思うので、このサイトではスヴェンソンの増毛を中心に、アデランス、アートネイチャーの増毛も同時に比較してご紹介いたします。

予算や増毛法などを比較し、自分に最もマッチした増毛メーカーを選んで下さい。

スヴェンソンの増毛法

ヘアウィービングシステム

ヘアウィービングシステムとは、人工的に作られた「ニューヘア」と呼ばれる毛髪製品を、自分の残っている頭髪部分に特殊な3本の糸だけを使って編み込んでいくという増毛法です。
これは、スヴェンソン独自の特許技術で、ほかのメーカーには真似できないもの。

従来の増毛法は、金具や接着剤を使うものが多かったので、不快感があったり不自然な仕上がりになることも多かったのですが、ヘアウィービングシステムならそういった心配はなく快適に過ごせます。

また、糸だけを使用しているので、頭皮や自毛に負担がかからず、自然に仕上がります。整髪料を使用したり、パーマやヘアカラーなどもできるので、髪型も自由に変えることができます。そのままお風呂に入って頭を洗ったり、スポーツしたり、そのまま寝てもだいじょうぶなので、カツラのように外すことなく、24時間自分の髪のように生活できます。

マイヘアプラス

マイヘアプラスは、自分の毛髪1本1本にジョイントさせる増毛法で、人工毛だけでなく人毛も使用できるのが特徴です。
よく増毛に使用されるのは耐久性の高い人工毛ですが、スヴェンソン独自の技術によりデリケートな人毛の使用も可能になりました。

また、この増毛方法は、ジョイントした毛髪が自毛と一緒に伸びて来ても、自毛の根元に戻して繰り返し利用できて経済的です。

アートネイチャーの増毛法

アートネイチャーは、マープ増毛法という人工毛を自毛に結びつけていく方法が主なものです。
人工毛の種類や、自毛に結びつける人工毛の本数、増やしたい部分や量などによっていくつかの商品があります。

自毛1本1本に結びつけるもの以外にも、ライン状に結合した人工毛を結びつけたり、ネット上のものをかぶせて大幅に増毛することもできます。

アデランスの増毛法

アデランスの増毛は、バイタルヘアという限りなく天然毛髪に近い人工毛を使用しています。
この人工毛はアデランスが開発したもので、濡れるとコシがなくなり、乾くとハリが戻るという人毛の特徴と同じようにできていて、自毛と自然になじむようになっています。

また、増毛後は、シャンプーやドライヤー、育毛剤も使用できます。アデランスの増毛法は、このバイタルヘアを自毛に結びつける方法で、1本の自毛を5本に増やすることができ、自然にボリュームアップできます。太さや色味、白髪混じりなど、さまざまなタイプの髪質・髪色が選べます。

スヴェンソンの料金体系

スヴェンソンの増毛は、定期定額制を取り入れています。

増毛はその方法にもよりますが、基本的に定期的なメンテナンスが必要で、自分の髪の毛が伸びてきたら、増やした毛もその都度調整しなければなりません。そのため、最初にかかる費用だけでなく、定期的なメンテナンスの費用も考える必要があります。
スヴェンソンは、定期定額制なので、最初にかかる費用や毎月かかる費用も計算できて、急な出費に困ることもありません。

Copyright© スヴェンソン増毛 , 2017 AllRights Reserved.